1993~1995年度分:お知らせ

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

1995年5月3日

1993~1995年度分

カテゴリー: メディア紹介 — admin
日付 雑誌・新聞名 会社 ページ 執筆 内容
1993. 1.26 快傑ドクターランド TBS 22:00 奥山
増田
目からウロコの近視の話
1993. 3.10 SPA 107 奥山 近視が手術で治る これは本当か?
1993. 4.14 VIEWS 講談社 93 今枝
奥山
メスで近視を治したカメラマンの決断
1993. 5. ザ・ベスト KKベストセラーズ 144 奥山 驚異のRK手術
1993. 6 医療93 82 奥山 旧ソ連地域の医療事情
1993. 9.25 第20回東京多摩地区眼科集団会 杏林大学 講演 清水
山口
奥山
角膜屈折矯正手術について
1993. 9.26 朝日新聞 東京版 大阪RK
奥山
近視治すRK、ミスで障害提訴へ
大阪等約10人 1億賠償求める
1993. 9.26 朝日新聞 大阪版 大阪RK
奥山
大阪RKによる誤解が心配
1993.10. 1 ザ・ワイド 日本テレビ 13:55 奥山
百瀬
RK法特集
1993.10. 6 産経新聞 奥山
井上
近視・乱視治療に光明
1993.10. 8 毎日新聞 奥山 近視手術は安全か?
1993.10.11 AERA 朝日新聞社 64 奥山 近視矯正手術は認知されたけど
1993.10.30 日本経済新聞 6 奥山
坪田
近視手術 是か非か
消極的なゴーサイン
1993.11. 4 自由時間 マガジンハウス 14 奥山
船瀬
15分で近視が治るRK手術
価格はどうか 30万円
1993.11.27 微笑 祥伝社 227 奥山
須田
近視がたちまち治る
「RK療法」を検証
1994. 3 暮らしと健康 保健同人社 60 奥山
金井
近視のRKとPRKはこんな手術
1994. 3.30 ビッグモーニング TBS 7:00 奥山  近視の人に朗報
レーザーで視力が回復
1994. 4. 5 マスターキートン ビッグコミック 135 RK手術
1994. 7 ホスピタウン 日本医療企画 69 奥山 目を甦らせる
1994.10.19 朝日新聞 夕刊 18 奥山
木下
手術で近視が治る RK・PRK
1994.12. 2 第3文明 奥山 手術で近視を治すRK法
1994.12. 5 AERA 朝日新聞社 30 奥山
須田
1995. 1.27 第18回 日本眼科手術学会 演題発表 奥山 RK手術後のエキシマレーザー手術
1995. 4 MEDICAL NEWS 大日本製薬 10 奥山 ロシア語で患者を診る
1995. 6.18 第33回 白内障9回 IOLRS学会 演題発表 奥山 RK11年 PRK 213例

1994年10月19日

手術で近視が治る RK・PRK

カテゴリー: メディア紹介 — admin

手術で近視が治る レーザー 安全性・精度で有利
安定するのに約3ヶ月

1994年10月19日 朝日新聞夕刊より抜粋

角膜を放射状に切るRK手術に消極的な眼科医も注目しているのが、レーザー近視手術(PRK)だ。日本では1989年からレーザー用機械の臨床試験(治験)をしている。関西では、昨年から大阪大医学部、京都府立医科大、奈良県立医科大で手術が始まっている。

手術は、エキシマレーザーという波長の短い紫外線レーザーで角膜の中央部を直径4~6ミリほど削り、平らにして光の曲がり方を変える。87年米国で最初の手術がされ、世界で10万人近くが受けたという。

中略

近視手術専門の参宮橋アイクリニック五反田(東京都品川区)の奥山公道院長は、83年に日本人で初めてRK手術を受けた。84年からRK手術を4000件以上、昨年からPRK手術を520件実施した。PRK手術は、視力0.07以下を目安にしている。

奥山院長は「RK手術をしてもめがねを外せない患者さんを何とかできないかと思い、PRK手術を導入した。近視手術は効果と短所を説明して納得してもらうインフォームドコンセントが最も大切」と話す。

1993年10月8日

近視手術は安全か?

カテゴリー: メディア紹介 — admin

1993年(平成5年)10月8日(金曜日) 毎日新聞より抜粋
近視手術は安全か


エキシマレーザーを使う奥山さん

手術を眼村治療として確立させようという動きの背景にはまず、メスの変わりとして紫外線の光化学的勅果を利用するエキシマレーザーの開発がある。

1983年からこれまでにRK手術約4000例を手がけた東京の参宮橋アイクリニック五反田の医師、奥山公道さんも「中程度以上の近視については、PRK手術の方が効果がはっきりする」という。しかし、RK手術についても「切り込みから細菌が入るなどしたのは8例あったが、いずれも大事には至っていない。手術をしてはいけない人は事前の検査で分かるし、大方は大丈夫だ」と話す。

どちらも角膜に傷をつける点は同じだが、RK手術は旧ソ連や米国を中心に世界で100万例を超えると言われるのに、日本では専門医の多くは慎重で、議論もあまりされなかった。

1993年10月6日

近視・乱視治療に光明

カテゴリー: メディア紹介 — admin

平成5年(1993年)10月6日(水曜日) 産経新聞より抜粋

近視・乱視治療に“光明”
レーザーで角膜手術

全国四千万人といわれる近視や乱視に悩む人のなかで、手術による治療を希望する人が増えている。全国の眼科医が組織する日本眼科医会(上岡輝方会長)では、レーザーを使ったPRKと呼ばれる新技術について検討することを決め、今秋からは国内の大学病院で、この手術の臨床試験が本格的に始まった。

中略

昭和58年以来4000例を超すRK手術を行っている東京都品川区の参宮橋アイクリニックの奥山公道医師はロシアでRK手術を学び、自らもRK手術を体験した。RK手術に自信をもっているが、一方で今年3月からはPRK手術も始めている。
ただPRK手術の機槻は1台5千万円以上もかかり、手術の費用も高い。自由診療なので、手術の費用は医師によってまちまちで、同クリニックでは片眼RK手術は約15万円なのに対してPRK手術は40万円にもなるという。

1992年6月3日

私が見たCIS医療事情の無惨

カテゴリー: メディア紹介 — admin

1992年 月刊「宝石」6月号 より抜粋

食糧不足はいうまでもなく、病院や、公衆衛生、薬の在庫など、医療体制がさまざまな危機に瀕し、死の恐怖が猛スピードでしのび寄る。

参宮橋アイクリニック院長 奥山公道

深刻な食糧不足のために、CIS(独立国家共同体)では、この冬、大量の餓死者が出る恐れがある・・・・・・半年前の昨年秋、新開やテレビは、こぞってこのような報道を連日繰り返した。

だが、ひと冬を越したいま、CISで餓死者が出たという話は開かない。
旧ソ連では、ゴルバチョフ大統領によってグラスノスチ(情報公開)が積極的に進められた。にもかかわらず、連邦が朋壊したいまも、その多くの情報は厚いベールに閉ざされたまま、なかなか正確に伝わってこない。

そういう状況下で、つい最近、私は外務省の委託を受け、医療事情を調査するため、CISに属する11の共和国を訪れ約三週間にわたって現実の人々の暮らしぶりを見聞してきた。

1992年5月3日

1991~1992年度分

カテゴリー: メディア紹介 — admin
日付 雑誌・新聞名 会社 ページ 執筆 内容
1991. 3.28 GORO 小学館 153 松本
奥山
手術で近視が治った
1991. 4 NEW DIAMOND  オーム社 33 奥山 フィヨドロフ研究所とダイヤモンドメスについて
1991. 5.16 DIME 小学館 70 奥山 視力回復療法の効き目チェック
話題のRKからマッサージまで
1991. 9.29 毎日新聞 奥山
須田
近視を治すRK 10年間の成果と問題点
1991.10 毎日ライフ 毎日新聞社 奥山 日本の近視手術の現状
ソ連33万 米15万 日本数千のデータ
1991.10. 5 CLIQUE マガジンハウス 104 奥山 近視は治る こんな方法が話題になっています
1991.11.30 中日スポーツ 仁村
奥山
手術受け左目回復
1992. 1 マダム 鎌倉書房 192 奥山 近視はわずか15分の手術で治る
1992. 2.25 読売新聞 奥山 医療支援で調査団 旧ソ連に外務省が派遣
1992. 4.15 東京新聞 奥山 医療崩壊 深刻旧ソ連
1992. 6 宝石 光文社 124 奥山 私が見たCIS医療事情の無残
1992. 8. 1 ザ・ベスト KKベストセラーズ 185 奥山 トレンド双眼鏡 驚異のRK手術
1992.10 ル・クール 学習研究社 17 奥山 近視が回復するRK手術
賛成派、反対派それぞれの理 あなたは?
1992.10 労働衛生 58 奥山 CISの医療事情について
1992.11.11 TARZAN マガジンハウス 82 奥山
崎元
RK・PRKの始まり

1992年4月15日

医療崩壊 深刻旧ソ連

カテゴリー: メディア紹介 — admin

1992年(平成4年)4月15日(水曜日) 東京新聞より抜粋

日本の医療関係者の善意で、ロシアから難病の赤ちゃんが治療のため来日する。

おおやけどのコースチャ君をはじめ、日本の医療技術で、健康を取り戻した旧ソ連の子供たちは多いが、背景には深刻な医療事情もある。

このほど旧ソ連の医療現場を視察した奥山公道・参宮橋アイクリニック院長は、現地の実情に合わせた援助が必要だとしている。

*医療機器不足の状況視察する奥山公道医師(左端)
ベラルーシ・ミンスクの放射線研究所付属小児病院で

1992年2月25日

医療支援で調査団 旧ソ連に外務省が派遣へ

カテゴリー: メディア紹介 — admin

1992年(平成4年)2月25日(曜日) 読売新聞より抜粋

医療支援で調査団
旧ソ連に外務省が派遣へ

外務省は24日、旧ソ連に対する医療分野での支援のあり方を探るため、奥山公道・参宮橋アイクリニック院長ら3人を27日から3月4日まで、旧ソ連の9都市に派遣する方針を決めた。

これは先月、ワシントンで開かれた旧ソ連支援調整国際会議の医療分科会で決定した行動計画に基づいて、日本や米国など10カ国のほか世界保健機関(WHO)などの国際機関が協力して行うもので、日本からの3人を含め全体で約30人規模の調査団となる。

調査団は27日、ブリュッセルを出発し、モスクワ、ミンスク、キエフなど旧ソ連の9都市を訪問、医療関係者などから医療支援に対する要望などを聞く。

1990年6月2日

RK手術 角膜切開法 米ソで盛んに

カテゴリー: メディア紹介 — admin

1990年(平成2年)6月2日(土曜日) 読売新聞より抜粋

角膜切開法米ソで盛んに

カメラをぶら下げ、眼鏡をかけ、笑いを浮かべている-外国の風刺マンガでよくみかける日本人像だ。
確かに近眼が多い。しかし、一方で、近眼矯正手術を受け、眼鏡やコンタクトレンズに別れを告げる人もわずかずつ増えてきた。この新しい技術が、日本の眼鏡人口を減らすことになるのだろうか。

消費者・環境問題評論家の船瀬優介さん(東京都練馬区)が、団地の七階にある仕事場の窓から向かいのショッピングセンターをながめる。
「女房と子供が買い物に行くでしょう。そろそろ帰ってくるかなと外を見ると、あっ、いたいたって、かるんですよ」
現在の視力は1.5と1.2。1年前に近眼橋正手術を受けるまでは、0.04と0.06だった。眼鏡なしではほとんど何もできなかった生活が、この1年で大きく変わった。

現在、ソ連、アメリカなどで行われている近眼橋正手術では、RK手術という技法が使われている。RKとは放射状角膜切開術(ラデイアル・ケラトトミー)の略で、黒目の表面をおおう角膜部分に切れ目を入れる手術だ。近眼とは、眼球の前後の長さが変わったり、レンズが厚くなったりして、スクリーンである網膜に映像がうまく結ばなくなる症状をさす。放射状の切れ目が入った角膜は、眼圧で薄くなり、そこを通る光の屈折率が変わる。つまり、光の入り方を変えることで、映像が正しく見えるようにするわけだ。

「でも、目を切開するなんて、最初は冗談じゃないと思いましたよ」こう言う船瀬さんに手術を勧めたのは、旧知の眼科医奥山公道さんだった。モスクワ眼科顕微手術研究所に留学し、RK手術の創始者、S・N・フィヨドロフ博士の教えを受けた。現在、日本国内でRK手術を手がける数少ない医師のひとりだ。長年消費者問題を手がけてきただけに、船瀬さんの医療不信は強かっだ。が、
1年余り迷った未、まだ先のわからない技術なら、自分の体で試してみよう」と、手術を受け、このほど体験を「グッドバイめがね・・コンタクト」(農文協刊)という本にもまとめた。

船瀬さんのように国内で手術をした人、モスクワの研究所へ治療ツアーに行った人など、日本人のRK体験者は約4000人とみられている。本家のソ連や、ソ連から技術の伝わったアメリカなどでは年々手術は盛んになり、一般的な治療方法となりつつある。両国を中心に、これまで全世界で約50万の症例があるといわれる。

1990年5月3日

1990年度分

カテゴリー: メディア紹介 — admin
日付 雑誌・新聞名 会社 ページ 執筆 内容
1990. 1  宝石 光文社 92 船瀬
奥山
15分の手術で近視が治った
0.04から1.5への開眼体験
1990. 3.14 週刊テーミス テーミス社 95 奥山 視力0.1の人が眼鏡不要に
「RK法」で目がどんどんよくなった
1990. 3.18 国際眼科学会 シンガポール 論文発表 奥山 「RK後7年の角膜内皮細胞」
1990. 3.25 中村敦夫のザ・サンデー 日本テレビ もう眼鏡は不要? 近眼が治る画期的手術
1990. 4 政界ジャーナル 64 船瀬
奥山
近視手術を受けたパイロットを排除
運輸省航空局 突然決定のミステリー
1990. 4.13 京都新聞 1 友の会 花博だより 近視治すコーナー
1990. 5 あけぼの 全国電気通信労働組合 80 奥山 RK手術矯正法
1990. 5.10 週刊新潮 新潮社 40 船瀬 学会の「保守性」に挑戦
「グッバイめがね」手術
1990. 6 FACE 船瀬 グッバイめがね・コンタクト
1990. 6. 1 MY LIFE マイライフ社 22 奥山 あなたの目健康ですか?
驚異のRK手術であなたの近眼も治る
1990. 6. 2 読売新聞 23 船瀬
奥山
RK手術 角膜切開法 米ソで盛んに
1990. 6. 6 6:00ステーション テレビ朝日 18:00 奥山 驚異・15分で完治する
近視矯正手術法を徹底検証
1990. 6.25 HOT DOG 講談社 11 奥山 RK手術再考 日本でなかなか普及しない
近視治療手術ってなんだ!?
1990. 7. 4 週刊テーミス テーミス社 100 船瀬
奥山
RK法は近視を治す驚異の手術
それが日本ではなぜ認知されないか
1990. 7.30 ゲンダイ 9 奥山 世界初の近視矯正手術は日本で開発された。
しかしそれには重大な欠陥が・・・
1990. 8.27 ゲンダイ 21 奥山 奥山医師は「RK反対論者は患者の
恐怖感をあおる言い回しが多すぎる」と憤慨
1990. 9. 3 ゲンダイ 21 百瀬
奥山
「反対派の本音は、金にならない点と
手術をやる気がない点につきる」
1990. 9.10 ゲンダイ 8 百瀬 手術の一部始終を完全ルポ
片目の手術時間はわずか15分で終了した
1990. 9.24 ゲンダイ 9 友の会 0.04の強い近視が右0.9左0.8まで回復した
1990.10.15 ゲンダイ 9 奥山 術後2週間で視力は1.2まで回復
めがねなしの生活が始まった
1990.11 WEEKS NHK出版 111 奥山 RKの争点
Page 3 of 41234

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック