薄い角膜でも手術が受けられます:コラム

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

コラム

薄い角膜でも手術が受けられます

カテゴリー: 未分類 — 奥ノ山医院

フラップレス・レーシックなら、薄い角膜でも、手術が可能です

近視レーザー手術を安全かつ効果的に行うには、角膜の厚さが、とても重要な因子となります。一般的に、日本人の角膜の平均的な厚さは約0.5mmと言われています。しかし、この厚さに満たない薄い角膜の場合は手術を断られることや、白内障ではないのに眼内レンズを勧められることが多いようです。

なぜフラップレス・レーシックなら、薄い角膜の方でも施術可能なのか

それは、フラップレス・レーシックは、太いレーザービームで角膜を蒸散させるからです。

近視レーザー手術は、5層になっている角膜の、外側から2番目の「実質」にレーザーを当てます。1番外側の上皮の存在は邪魔になるので、取り除く必要があります。その方法は、【1】メスで上皮をこすり落とす、【2】カンナでフタを作る、【3】レーザーで蒸散させる3通りがあります。

通常のPRKやレーシックの場合は、パワーが弱い細いレーザービームを使用するので、【1】メスで上皮こすり落とすか、【2】カンナでフタを作る方法が採用されます。

この時、【1】メスでこする場合は、上皮が残ってしまう、【2】カンナの場合は必要な「実質」までフタにくっ付いてしまうことがあります。さらに、細いビームで走査照射する、つまり蒸散ではなく切削なので、どの層を蒸散させているのかが確認できず、上皮と実質の境目を判定することができません。

一方、太いビームで一括蒸散させるフラップレス・レーシックの場合は、蒸散の具合で、境目の判定ができます。上皮を蒸散している時は、上皮細胞の密度が粗いので早く蒸散し、実質に入ると、実質細胞の密度が密なので、蒸散のスピードが遅くなり、細胞レベルでの変化をモニターすることができます。そのため、実質を無駄なく、矯正することができるので、薄い角膜の方でも手術が受けられます。

お問い合わせ・ご予約
ご予約受付時間 月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
アクセス 無料カウンセリング

東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック