近視とは 近視手術の種類

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

近視とは・近視手術の種類

  1. TOPページ
  2. 視力矯正手術
  3. 近視とは・近視手術の種類

近視矯正手術とは

近視手術とは

近視矯正手術は、近視を矯正する手術の総称です。
メガネ、コンタクトに続く効果的な方法で、第三の選択肢として今後ますます普及すると考えられています。

近視矯正手術は角膜にメスを入れる、または、レーザーを照射して角膜の屈折率を変えることで近視を矯正します。

近視矯正手術の種類

現在行われている角膜手術方法は大きく分けて、

RK、PRK、LASIK、LASEK、Intra・LASIK、Epi・LASIK、LASIK・Flapless

…の7つがあります。その他、インタクス(角膜リング)、角膜内レンズ、屈折眼内レンズ等がありますが、臨床的には広く行われておりません。
手術方法は眼の状態、近視の強度などによって適応・不適応がありますので、医師とよくご相談のうえお選びください。

当クリニックでは、患者さんに安心して手術を受けていただくため、インフォームド・コンセントを重視しております。患者さんに十分にご理解いただき、検査内容・治療方法・手術内容等を決定しております。
ご質問、疑問等ございましたら、お気軽に医師にご相談ください。

予約~手術の流れ

カウンセリング
  1. 電話予約
    初診の電話予約をお願いします。
    TEL:東京03-3411-0005
  2. 初診・カウンセリング
    医師が眼の状態を診察します。
    近視矯正手術が必要かどうか、医師と十分に話し合います。
    質問・疑問等ございましたら、お気軽にご相談ください。
  3. 検査
    約30分間で15項目の検査を行います。痛みなどはいっさいありません。
    検査の結果により、レーザーの照射時間・照射回数が決まります。
    手術後の回復視力が正確に予測できます。検査の結果によって手術を受けられない場合があります。
  4. 手術
    点眼麻酔を行い、手術を行います。
    麻酔をしておりますので、手術中の痛みはまったくありません。
    術後、人によって多少痛みが出る場合がありますが、3,4日でおさまります。
  5. 手術後の検査
    手術後は定期的に検診を行います。
    手術翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後、1年後です。

近視手術の比較

PRK

PRK

角膜の上皮は厚かったり、薄かったり、濡れていたり、乾いていたり様々で、レーザー照射量の予測が困難です。そこでまず上皮を除去する処置(こすり落とす)します。その後に細いエキシマレーザーを走査し角膜を削ります。平らになった角膜は光を曲げる性質が弱くなります。

LASEK

LASEK

アルコールにより上皮をフヤカシタ後じゅうたんの如く丸めて置いてから、細いエキシマレーザーを走査し角膜実質を削ります
丸めておいた上皮を元に戻します。

LASIK

LASIK

角膜上皮にカンナを掛けます。ドア上のフタができます。
フタを開けて細いエキシマレーザーを走査し角膜実質を削ります
フタを元に閉じます。

Intra-LASIK

Intra-LASIK

レーシックのフタ作りに、レーザーカンナを使用します。眼球に無理な圧力がかかりません。網膜剥離や出血のリスクが少なくなります。フタを開けて細いエキシマレーザーを走査して実質を削ります。フタを元に戻します。しかし、フタを作るので角膜の土台は弱くなります。

フラップレス・レーシック

フラップレス・レーシック

太いエキシマレーザーを一括照射します。ハイパワーなのでフタを作る必要がありません。通常のPRKのように角膜上皮をコスリ落とすことなくワンスッテプでレーザー照射ができます。状況に対応しながら角膜を蒸散(発)させる事が可能です。

レーシック(LASIK)との比較図

LASIKは経過が早い

角膜:LASIK
レーシック(LASIK)の場合

角膜の厚さを500μとすると、約1/3の160μにカンナをかけてフタ(フラップ)を作ります。フタをどけ、必要に応じ更に土台を削ります。
例:-10Dの近視なら約-100μ削ります。
500-160-100=240μの土台が残ります。
フタの分は単にのっかっているだけで、カウントされません。

レーシック・フラップレスは薄い角膜でも手術可能

角膜:レーシック・フラップレス
レーシック・フラップレスの場合

角膜の表面にレーザーを照射し、-10Dの矯正に必要な150μを蒸発させます。
1年後に50μ分角膜が再生し、土台は
500-150+50=400μの角膜の土台が残ります。

夜間の瞳孔によるグレア

直径6mm
レーシック(LASIK)

フラップ(フタ)の作成後、レーザーを照射しますが、照射できる範囲は直径約6mm。
夜間の瞳孔との差が大きいため、夜間のグレアが出る確率が高くなります。

直径8mm
レーシック・フラップレス

角膜表面にレーザーを照射しますが、照射するできる範囲は8mmと大きいため、夜間の瞳孔との差が小さく、夜間のグレアが出る確率は低くなります。

お問い合わせ・ご予約
ご予約受付時間 月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
アクセス 無料カウンセリング

東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック