サハラ砂漠症候群(さはらさばくしょうこうぐん)、又はDLK:用語集(基礎知識)

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

用語集

サハラ砂漠症候群(さはらさばくしょうこうぐん)、又はDLK

カテゴリー: さ行, アルファベット — admin

レーシック後遺症の一つ。
周術期(術後2~7日目)に発生、角膜に作ったフタが混濁し、砂嵐状態に物が霞んで見える。
角膜を削ってフタ(フラップ)を作る際に使用するマイクロケラトームが原因とされ、びまん性層間角膜炎Diffuse Lamellar Keratitis(DLK)の状態と考えられる。非細菌性で、マイクロケラトームに付着したオイルアレルギー説があるが、原因は不明。対処法は、フタを持ち上げて洗浄する。海外で、年間400眼以上を施術する眼科医に、多数、連続して発生する事がある。

対策は、使用するマイクロケラトームの刃の使い回しを禁ずる事。刃こぼれも避ける必要がある。刃は1枚1万~2万円だが、最近は刃を含め全体がブロック状の使い捨てがある。
刃に代わり、レーザーを使用するのがイントラレーシックやアイレーシックである。イントラレーシックは、刃の代わりに、プラスチックの使い捨て吸引リングを使用し約2万円かかる。イントラレーシックでも、びまん性層間角膜炎の報告はある。

お問い合わせ・ご予約
ご予約受付時間 月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
アクセス 無料カウンセリング

東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック