調節緊張(ちょうせつきんちょう):用語集(基礎知識)

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

用語集

調節緊張(ちょうせつきんちょう)

カテゴリー: た行 — admin

勉強やゲームなどで近くを見つめすぎたため、水晶体がふくらんだ状態で固まってしまい、遠くを見たときにぼんやりと見えてしまう状態が、調節フリーズ「調節緊張」です。遠くを見たときも、近くを見つめた状態が持続するため、遠方がぼやけて見えます。
調節性近視は偽近視、または仮性近視とも呼ばれ、目を休め、トレーニングすることで正常に戻すことが可能です。

「調節緊張」は40才前後の強度近視のレーシック手術後に著明に現れることがあります。細いレーザービームを走査照射する際、邪魔な上皮をどける為、フタを作ることで、削る対象としての角膜実質が薄くなり、単焦点矯正面が出来上がるからです。対策として、矯正後に左右の差がー2Dの範囲内で、近視を残すモノビジョンを確保します。又は多焦点矯正面の創出が期待され、太いビームの一括照射が、老眼の出現を早めずに済ませます。

お問い合わせ・ご予約
ご予約受付時間 月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
アクセス 無料カウンセリング

東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック