円錐角膜(角膜拡張症):用語集(基礎知識)

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

用語集

円錐角膜(角膜拡張症)

カテゴリー: か行 — admin

角膜が薄くなり、前方へ円錐状に突出してくる進行性の病気。多くは両眼性。
初期の段階では診断がつきにくく乱視と診断されることがよくあります。進行の度合いは人により様々で、数ヶ月の間に進行する場合もありますが、何年もかけて進行する場合もあります。
進行するにつれ不正乱視が強く出ます。多くの場合30歳前後で進行が止まるといわれていますが、40歳、50歳になって急激に進行する場合もあります。
レーシックの後遺症で似たような状態となった場合は角膜拡張症といいます。進行すると最終的な治療である角膜移植が必要となります。レーシックは角膜にドア状のフタ(フラップ)を作り、フタをめくってから角膜実質をレーザーで削って平らにしてフタを元に戻すというレーザー角膜屈折矯正手術です。近視、遠視、乱視の治療を目的とします。フタを作ることにより、フタの口の部分がバラケて2500例に1例の割合で角膜拡張症が認められていると云われています。ちなみに、フタを作らずにレーザーを当てるPRKの場合は、レーシックの1/20、50000例に1例の確率といわれています。

お問い合わせ・ご予約
ご予約受付時間 月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
アクセス 無料カウンセリング

東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック