夫婦で趣味も仕事も快適に:体験談(患者さんの声 近視手術 レーシック)

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

体験談

夫婦で趣味も仕事も快適に

Filed under: トピックス,強度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.1→1.5

左眼 裸眼:0.05→1.2

宮城 ネストルさん(夫)

池田 泉さん(妻)

池田泉さんのデータ

オペ日 右・左2012年6月9日

私(宮城ネストル)はアルゼンチンのブエノアイレス出身で、日本に来て24年経っています。中学生の頃から目が少しずつ悪くなって、メガネを使い始めました。

しかし、5年前に日本で、奥ノ山医院ではないのですが、レーシック手術を受けて、メガネが要らなくなりました。その時はとても嬉しかったです。メガネが壊れたり、コンタクトを落としたりして、不憫な思いをすることもなくなりました。安全、安心に暮らせています。

視力がよくなったことで、普段の生活にも、車の運転にも役立っていて大変助かっています。手術を受けてよかったと思っています。

昨年、久しぶりにアルゼンチンに帰った時に、家族と話したところ、甥もレーシック治療を受けていました。彼と話して分かったのは、現在、アルゼンチンでは、プレパーガという保険制度があり、25歳以上になると、レーシックを全て保険の負担で受けられるのです。近視がひとつの保険適用の対象として、認められています。ただし、強度近視で一定の度数を超えた場合、一部自己負担する必要があるようです。

日本でも近視治療が保険適用を認められるべきですね。例えばメガネがないと地震や火事で逃げ遅れることがあるからです。これからは、日本も近視治療に保険適用の道を進んでほしいと思います。

 

私(池田泉)は長年メガネ・コンタクトを使用していたのですが、その煩わしさ故にずっと近視手術を考えていました。「近視手術といえばレーシック」というのが一般的なのですが、趣味のラテンダンス・サークルの友人達から、もっと安全で有効な手術があるよ、と奥山先生のクリニックを紹介してもらいました。やはりダンスで知り合った夫も近視手術には大賛成で、後押ししてくれました。

手術はほとんど痛みがなく、術後1週間の異物感などが収まった後は、全く問題なく順調に回復し、メガネ・コンタクトが不要になり、現在、快適に過ごしています。夫も私も、趣味でも仕事でも、目の問題を気にせず、取り組むことができています。

手術後、数ヶ月して、妊娠し、まもなく出産予定なのですが、昨年、手術を受けておいて、本当に良かったと思います。というのは、妊娠中は、近視手術を避けたほうが良いとのことだからです。子育てや仕事で忙しい中、メガネ・コンタクトが手放せない状態だったら、ずっと大変だったのではと思います。今は安心して子育てに取り組める気がします。近視手術を考えていた矢先に、妊娠して、手術が延び延びになってしまった人の話しも聞いているので、私はタイミングが良く、ラッキ-だったな~と感じます。

お問い合わせ・ご予約
ご予約受付時間 月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
アクセス 無料カウンセリング

東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック