夫婦で趣味も仕事も快適に:体験談(患者さんの声 近視手術 レーシック)

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

体験談

夫婦で趣味も仕事も快適に

Filed under: トピックス,強度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.1→1.5

左眼 裸眼:0.05→1.2

宮城 ネストルさん(夫)

池田 泉さん(妻)

池田泉さんのデータ

オペ日 右・左2012年6月9日

私(宮城ネストル)はアルゼンチンのブエノアイレス出身で、日本に来て24年経っています。中学生の頃から目が少しずつ悪くなって、メガネを使い始めました。

しかし、5年前に日本で、奥ノ山医院ではないのですが、レーシック手術を受けて、メガネが要らなくなりました。その時はとても嬉しかったです。メガネが壊れたり、コンタクトを落としたりして、不憫な思いをすることもなくなりました。安全、安心に暮らせています。

視力がよくなったことで、普段の生活にも、車の運転にも役立っていて大変助かっています。手術を受けてよかったと思っています。

昨年、久しぶりにアルゼンチンに帰った時に、家族と話したところ、甥もレーシック治療を受けていました。彼と話して分かったのは、現在、アルゼンチンでは、プレパーガという保険制度があり、25歳以上になると、レーシックを全て保険の負担で受けられるのです。近視がひとつの保険適用の対象として、認められています。ただし、強度近視で一定の度数を超えた場合、一部自己負担する必要があるようです。

日本でも近視治療が保険適用を認められるべきですね。例えばメガネがないと地震や火事で逃げ遅れることがあるからです。これからは、日本も近視治療に保険適用の道を進んでほしいと思います。

 

私(池田泉)は長年メガネ・コンタクトを使用していたのですが、その煩わしさ故にずっと近視手術を考えていました。「近視手術といえばレーシック」というのが一般的なのですが、趣味のラテンダンス・サークルの友人達から、もっと安全で有効な手術があるよ、と奥山先生のクリニックを紹介してもらいました。やはりダンスで知り合った夫も近視手術には大賛成で、後押ししてくれました。

手術はほとんど痛みがなく、術後1週間の異物感などが収まった後は、全く問題なく順調に回復し、メガネ・コンタクトが不要になり、現在、快適に過ごしています。夫も私も、趣味でも仕事でも、目の問題を気にせず、取り組むことができています。

手術後、数ヶ月して、妊娠し、まもなく出産予定なのですが、昨年、手術を受けておいて、本当に良かったと思います。というのは、妊娠中は、近視手術を避けたほうが良いとのことだからです。子育てや仕事で忙しい中、メガネ・コンタクトが手放せない状態だったら、ずっと大変だったのではと思います。今は安心して子育てに取り組める気がします。近視手術を考えていた矢先に、妊娠して、手術が延び延びになってしまった人の話しも聞いているので、私はタイミングが良く、ラッキ-だったな~と感じます。

「裸眼でも見える?」と驚かれました!

Filed under: トピックス,最強度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.05→1.5

左眼 裸眼:0.05→1.2

芳陸 青空(女性・オペ時16歳)

オペ日 2011年8月9日

 

小学5年の春、健康診断の視力検査は、いつもより少し見えづらかったので勘で「右、左」と答えました。そして結果は、今までのA判定からCに下がり、再検査の通知が同封されていました。ショックで両親にその結果を見せることができたのは、それから1週間も経ってのことでした。

 

その後、父と一緒に奥ノ山医院に行きました。このままだと身長が伸びるのにつれて眼軸も伸び、もっと視力が低下してしまうので小学6年生になったら眼軸の伸びを遅らせる手術を受けることになりました。

 

その1,2週間後から眼鏡での生活が始まると、学校にかけていくのを忘れたり、マスクで曇ったり、不便な毎日が続きました。小学6年生の夏に手術することが決まりホッとする反面「痛いのかな?手術中に何か起きたらどうしよう」と不安が募りました。しかし、何のトラブルもなく、無事手術は成功しました。術後の1週間は痛かったのですが、だんだん痛みも引き、背が伸びても視力はあまり変わりませんでした。

 

そして、高校1年生の夏に念願のフラップレス・レーシック手術を受けました。先生からは何度も説明を受け、メンタルケアまでしていただきました。それでも手術前日は不安になりました。術後もしも合併症を引き起こしたり、見えるようにならなかったらと考えると、とても怖くなりましたが、先生を信じて手術に臨みました。手術後は眼を開けると涙が勝手に出てきて、目薬を差すのも大変でした。私が痛がるので、先生はクリームを入れてくださり痛みを和らげてくださいました。徐々に見えるようになり、テレビを眼鏡なしで見ている時は夢のようでした。

 

2学期が始まると友達から「あれ?メガネは?」と口々に聞かれ、「裸眼で見えるんだ」と言うと「えー!!」と驚かれ、廊下で見かけた友達に手を振ると「青ちゃん、見えるの!?」と言われました。今まで友達が私の眼鏡をかけると「度が強いね」と言われ続けていたのに、皆より見えるようになりました!

 

あの時の喜びで、術後の痛みは吹き飛びました!先生は私の年が小さいので大変気を遣われ、少しでも痛みを和らげようと処置してくださり感謝しています。ここまで見えるようになったのは奥山先生のお陰です。術後もずっと経過を見てくださり、とても安心できます。本当にありがとうございました。

 

 

術後20年たっても快適に過ごしています

Filed under: トピックス,中等度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:1.2

左眼 裸眼:1.2

今村 裕二(男性)

オペ日 右・左1993年8月

早いもので手術をしてから20年近くなりました。

現在でも右1.01.2の視力を保っております。

車の運転を職業としている私は夜や雨の状況下では心身共に非常に負担がかかりました。

 

そんな時、手術で視力が回復することを知りました。

コンタクトレンズやメガネから解放される、とても素晴らしいと思いました。

しかしその時は迷いました、妻とも話し合いをしてついに決心しました。

それは奥山先生自身、御家族の皆様が先に手術をして、安全性を証明してくれたということです。

私はレーザーで施術をしていただきました。

術前検査も術後のケアも入念でした。

今でもとても快適です。

何でも相談して下さい。

納得するまで先生は説明してくれますから。

スーパーPRKで人生が変わりました!!

Filed under: トピックス,最強度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.01→1.2

左眼 裸眼:0.01→1.2

豊田 千加 さん(女性)

(Chika:ジャズヴォ-カリスト)

オペ日 右・左2005年6月17日

再右2009年3月20日・再左2012年4月13日

 

私は小学校低学年の頃から強度の近視と乱視で、眼鏡をかけていました。

歌手になってからはコンタクトレンズを使い始めましたが、乱視がひどかったため酸素透過性などの製品は使えず、一日の使用時間は6時間と限られていました。

ドライアイもひどく、常に異物感や充血を訴えていたため、日本ではコンタクトの処方をしてもらえなくなり、米国から取り寄せるしかなくなりました。

ドライアイにコンタクトがよくないとわかっていても歌手という職業上、ぶ厚い眼鏡でステージに立つわけにはいかず、昼夜に公演があるときは、昼のショーの後コンタクトを外し化粧を全部落とし、夜のショーの前にまた装着しステージ用アイメークをし直すという煩わしさでした。

そんな状態なのでステージ以外の時間は眼鏡が手放せませんでした。

子供が生まれてからは授乳もお風呂も添い寝もすべて眼鏡。

眼鏡では入れてくれないプールもあり、子供達との時間にも不自由さがつきまといました。

そんなある日、当時、幼稚園生だった次男の友達のお母さん(Yさん)から「Chikaさん、いつも眼鏡だけど、不自由じゃない?レーザー手術したら?人生変わるってよ!」と言われました。

彼女自身は眼が良かったのですが、ご両親やご姉妹とそのご主人など、ご親族計6名が手術を受け、「人生が変わった!」と言っておられるとのこと。

以前、私が雑誌で見た近視手術はレーザーをあてる前に目の表面をカンナでスライスする術式で、怖くてとても無理だと思っていました。

でもYさんは「わたしの家族が受けたのはスーパーPRK(フラップレスレーシック)だからスライスせずレーザーをあてるだけ」

「えっ!それなら私にも出来るかも!」

ステージの不便だけでなく、当時私は離婚問題のさなかにいて、3人の息子を一人で守っていくには絶対にこの眼をなんとかしたいと切実に感じていました。

そこでYさんの言葉を信じ、2005年参宮橋アイクリニック(現・奥ノ山医院)を訪れました。

奥山先生は穏やかな表情の中にパイオニアの力強さを秘めた方で、手術に関するお話を聞くうち、私の中から恐怖は一切なくなりました。

先生はまた、「スーパーPRKは近視乱視矯正手術として最高の方法であると確信していますが、この手術が始まってからの歴史は20年なので、それ以上年月が経ったあとの臨床例がありません。」と丁寧に説明してくださいました。

私は、「息子達にとって母親と過ごすのが大切な小学校卒業までの期間を不自由なく過ごせたら、それ以降たとえまた眼鏡に戻るようなことがあっても全く構いません」とお返事しました。

手術日程を決めたあと父に手術の話をしたところ、「奥山先生、知ってるよ!俺も若い頃、近視手術を考えて奥山先生のクリニックを訪ねたことがある」と言うのでビックリ!(わたしのド近眼は父譲りだった)

術後検査の際そのことを先生に話すと、「巨泉さんのお嬢さんだったのですね。お父さんが来院された当時のRK手術は現在ほど進歩しておらず、強度近視を裸眼で生活できる程まで矯正できなかった。なので手術を諦められたのですが、お父さんの叶わなかった夢がお嬢さんの眼で叶いましたね」と言って下さいました。

先生の温かいお言葉に、運命的なものを感じたのを覚えています。

かくして私の視力は裸眼で生活できるほどに回復。

『人生が変わる』というYさんの言葉は真実でした。

ステージでも共演ミュージシャンや、観客席のファンの方々の顔が良く見え、当時8歳、5歳、3歳だった3人の息子たちとの生活も不自由が無くなりました。

私の乱視は奥山先生がPRKを始められて以来の強さだったそうですが、一度の手術で完璧に矯正でき、視力も再手術でさらに改善し、今では両目とも1.2です。

手術を勧めてくれたYさん、勇気をくれた息子たち、そして私の人生を変えてくれたスーパーPRKに心から感謝しています。

朝から時計の針がハッキリ見えて感動!

Filed under: トピックス,最強度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.05→1.5

左眼 裸眼:0.1→1.5

船瀬 悠喜さん(女性・オペ時22歳)

オペ日 右・左2011年6月17日

 

私が奥ノ山医院で近視手術を受けたのは、去年の夏休み、留学先のアメリカから日本へ一時帰国していた際でした。父の友人であり、父の近視手術を受け持っていただいた奥山先生の話は、以前から耳にしていたのですが、ちょうど一年くらい前に、父から近視手術を受けることを勧められました。

私の視力が落ち始めたのは、中学生の時でした。授業中、黒板の文字がはっきり見えなくなり、視力検査の結果から、授業中は眼鏡をして授業を受けていました。中学時代は、バスケットボール部に所属していたのですが、試合中相手チームの背番号が見えづらくなり、コンタクトレンズをするようになったのは、中学3年生の時でした。ちょうど高校受験も重なり、視力が少しずつ落ちていったのを覚えています。

それから約8年間は、コンタクトレンズを使用していたのですが、留学先のカリフォルニアは日本に比べて乾燥している為に、目薬は必需品でした。何より裸眼の人と比べると、コストの面でも負担が大きいことに不便さを感じていました。

手術を受けることに関して、知識不足だったために、不安もありましたが、初診検査の際に、奥山先生から丁寧に説明をしていただき、手術を受ける気持ちが固まりました。実際、10年以上コンタクトレンズを使用した人は、ドライアイの恐れや、目への負担が大きいこと、将来を見通して、裸眼で今後過ごせることの素晴らしさに惹かれました。

手術後、少しずつ視力が回復していき、朝目が覚めた時に、時計の針がはっきり見えることに感動しました。目の乾きや疲れも軽減し、今まで以上に毎日が充実しています。近視手術を受けることを迷っている方がいましたら、是非とも勧めたいと思います。少しでも多くの方にこの喜びを感じていただけたらと思います。

船舶免許の更新はもちろん裸眼で合格!

Filed under: トピックス,中等度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.03→0.7

左眼 裸眼:0.03→1.0

データ 裸眼 近視度 乱視度
術前右眼 0.03 -5.75D
術後右眼 0.7 -0.25D
術前左眼 0.03 -5.25D
術後左眼 1.0 -0.25D

三田村 邦彦 さん (俳優)

視力が悪くなったのは中学2年生。
14歳の時です。それ以来眼鏡使用を強いられ、不便この上ない生活を送っていました。

時代劇では眼鏡もできず、殺人のシーンでは相手との距離がつかめず大変くろうしました。
また、共演者の顔がはっきり見えないため、人とすれ違うたびに「おはようございます。」と挨拶していたら、「さっき挨拶したじゃないか。」なんて言われたことは数えきれません。

俳優という仕事柄、コンタクトレンズは不可欠と思い、眼科へ検査に行ったら瞳が大きくコンタクトレンズは使用できないと言われたのを、仕事でどうしても必要だからと無理なお願いをし、装着したのですが、3時間が限界。
取材などで「今一番欲しい物は?」と聞かれると、必ず「良く見える目」と答えていました。

もはやこの不便さが日常となっていた私に転機が訪れたのは2006年の2月です。
参宮橋アイクリニックへ伺い検査をし、奥山先生より術後の状態、他の手術と「PRK」の違いについて、事細やかな説明をしていただきました。
実際の手術時間は両目でも1分もかかっていないと思います。
奥山先生の「終わりました。」に「えっ?もう終わったのですか?」と思わず聞き返し「これで視力が回復したら、不便だったこの40年はなんだったのだろう?」と心の中でつぶやいてしまったものです。

僕はスキー、シュノーケリングが大好きです。もちろん今までは「度付きのゴーグル」を使っていましたが、それが不要になったのです。ゴーグルを外したら、どこに何があるのか分からず、すぐにメガネを探してもメガネが見つからず、困ってしまったこともありました。度付きサングラスをしたまま海に入り、波にのまれてメガネを無くし、帰りは車の運転も出来ず、タクシーでメガネ店へ行き、メガネを作ったこともありました。
先日、船舶免許の更新があったのですが、視力検査はもちろん裸眼で合格!
今まで右0.01、左0.03だったのに!!

南極探検隊への参加

Filed under: トピックス,中等度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.04→1.2

左眼 裸眼:0.04→1.5

藤田 耕史 さん 35歳

PRK 術後3年

データ 裸眼 矯正視力 近視度 乱視度
術前右眼 0.04 1.5 -5.25D -0.50D 32度
術後右眼 1.2 1.2 -0.75D -1.50D 79度
 
術前左眼 0.04 1.5 -5.25D -0.5D 175度
術後左眼 1.5 1.5 -0.75D  

手術日 右2001年10月/左2001年11月

私が目の手術を考えたのは、趣味である山登りの様々な場面で、眼鏡を使用している故に危険な目にあったためです。参宮橋アイクリニックのことは、雑誌「週間金曜日」で知りましたが、他で採用されてない手術法(PRK)には不安もあり、広告でよく見かけたLASIKについてもいろいろ調べてみました。結局、自分として最も納得できたPRKを受けることにしました。

手術当日は駅のホームからすぐに痛み始め、それはもう辛い一夜を過ごしました。翌日も目を開けられず、「このまま見えなくなる?」と早くも後悔していました。2日目の朝、瞼は腫れて開けにくく視界の大部分がかすんでいましたが、それでも天井の隅が妙にクッキリ見えていたのが印象的でした。
その後の経過は非常に順調で、両目とも0.04だった視力も右1.2/左1.5に快復しています。右目に術前はなかった乱視が出ているのが唯一の不満ですが、当初は視力の快復が0.7程度と言われていたことからすれば、大変満足しています。

手術の1年後、南極観測隊に参加することになりました。手術を決めた際には予想もしていなかった話でしたので、術後の経過を1年間チェックしていただいて、目の状態が落ち着いてから行くことができ、タイミング的にも大変良かったと思っています。南極ではよく知られた昭和基地ではなく、千キロ内陸の「ドームふじ基地」でわずか8人での越冬でした。平均気温-57度、最低気温-79.7度、標高3800m、空気は平地の3分の2という、「世界で最も厳しい環境の基地」と言われています。基地内の気温は+20度と快適ですが、外は極寒の世界。さらには太陽の出ない期間が4ヶ月もあり、少人数と言うこともあって精神的にも厳しい冬でしたが、そんな我々への「ご褒美」のように美しいオーロラが降り注いでいました(蛇足ながら、夏の期間は太陽が出っぱなしなのでオーロラは見られません)。気温があまりに低いため、眼鏡は吐いた息が凍り付いて、すぐに曇ってしまいます。手術のおかげで「裸眼」でのオーロラを十二分に堪能することができました。さらに、人類初の南極での皆既日食を目撃する幸運にも恵まれました。特に南極内陸で皆既日食が見られたのは我々の基地だけだったようで、大変貴重な思い出となりました。

最後になりますが、手術を考えている方々に。私は良好な視力を得ることができ、本当にラッキーというか、ありがたく思っています。更に幸いなことに、極寒・低酸素の環境で1年を過ごしましたが、特に視力に影響は出ていないようです。しかし、当初言われていた視力0.7程度の快復だったらどのくらいの満足・不満を感じただろうか?ははっきりとわかりません。今でも「再び視力が低下するのでは?」という不安があります。手術の結果、回復できる視力やそれへの満足度は人それぞれだと思うので、誰にでも手放しでお勧めするわけにはいきません。いろんな資料を納得するまで調べた上で決断する事をお勧めします。

 

メガネザルからの解放

Filed under: トピックス,中等度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.02→1.0

左眼 裸眼:0.02→0.5

S・R さん (学生・21歳)

RK・PRK 術後3年

データ 裸眼 矯正視力 近視度 乱視度
術前右眼 0.02 1.2 -3.75D -1.0D 170度
術後右眼 1.0 1.2 +0.25D -0.75D 175度
術前左眼 0.02 1.2 -3.5D -1.0D 13度
術後左眼 0.5 1.2 -1.0D -0.75D 20度

メガネザルからの解放

私がRK手術を受けたのは、94年3月、18歳の時で、アメリカの大学へ入学が決まった時でした。
小学4年生位から目が悪くなりはじめ、5年生になってメガネを掛けました。クラスの男子に「メガネザル」と、はやしたてられてとても悔しい思いをしたのは忘れません。

高校に入ってからは、コンタクトレンズをしましたが、レンズを洗っているときに流したり、破けたり、コンタクトレンズをつけるために時間がかかって遅刻したりする事もありました。私の両親が、10年以上前にRK手術を受けて、2人ともメガネなしの生活をしていましたので、私も早く手術を受けたいと思っていました。

近視と乱視があるので、RK手術に決まりました。先生から「若いから近視が進行するかもしれない」と言われました。大学の生活は、1日中細かい文字の辞書を読んだり、コンピューターの画面を見たり、目を酷使する毎日でした。その為か、特に右日の視力が悪くなり、PRKで再手術をすることになりましたが、早く卒業したくて、授業を沢山取っていた為に、なかなか休みが取れず、卒業のめどがついた97年の8月にPRKの手術を受けました。RKの時はズキズキという痛みでしたが、PRKは熱を持ったヒリヒリという痛みでした。

現在右目が0.8、左目が0.1で左右の差があります。
現在は大学を卒業して、広告関係の仕事をしています。近くを見たり、コンピューターを見たり細かい仕事が多いので、遠くを右目で、近くを左目で見ているような感じです。左右差で目が疲れるみたいですが、左目を治すと、近くの仕事が、やりにくいのではと、そのままにしています。日常生活で不自由はしていません。

友達にも、手術を勧めているのですが、何となく恐いというイメージがあるみたいです。小学生の頃に歯の矯正をしたことがありましたが、何年もかかって、なかなか治らなくて挫折してしまいました。それに比べれば目の手術は、短時間で、確実に、費用も安く素晴しいので、もっと普及してもよいのではないかと思います。

親子で受けました!

Filed under: トピックス,軽度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.08⇒1.0

左眼 裸眼:0.07⇒0.9


フラップレス・レーシック 術後1年

お名前 T・N さん 年齢 27才

データ 裸眼 近視度 乱視度
術前右眼 0.08 -2.5D
術後右眼 1.0 -0.25D
術前左眼 0.07 -2.5D -0.5D 180
術後左眼 0.9 -0.12D

■近視手術を受けようと思ったきっかけは?
母が手術を受けたので。

近視手術を受けた感想は?
最初は怖かったけれど、視力が昔のように戻り、手術を受けて本当に良かった。

手術を受けて良かったことは何ですか?
コンタクトを使わずに良く見えるようになった。
目を細めなくなった。
目が乾燥しなくなった。

当クリニックで近視手術を受けて良かったことは何ですか?
先生や病院の方が親切で安心して手術が受けられました。
術後も丁寧に検査してもらえる。

これから手術を受ける方にメッセージをお願いします。
初めは不安な気持ちが一杯でしたが、手術を受け、日に日に視力が回復するのが分かります。
メガネやコンタクトレンズを使わずに生活するのはあきらめていましたが、先生のおかげで元の生活に戻れました。
屈折矯正手術をまだ知らない方は、是非受けて視力を取り戻して欲しいです。

 

近視手術をする前とした後

Filed under: トピックス,軽度近視 — 参宮橋アイクリニック

右眼 裸眼:0.1→1.5

左眼 裸眼:0.2→1.5

吉田 みのり さん 大学生

フラップレス・レーシック 術後1年

参宮橋アイクリニックで両眼を近視手術してから早8ケ月が過ぎました。以前は、視力が悪く生活をする上で不便さを感じることが多々ありました。けれども今では、それが嘘のように日々快適に過ごしています。

データ 裸眼 矯正視力 近視度 乱視度
術前右眼 0.1 1.5 -1.5D -0.25D 180度
術後右眼 1.5 1.5 -0.25D -0.50D 180度
 
術前左眼 0.2 1.2 -1.5D -0.5D 180度
術後左眼 1.5 1.5 -0.25D    

私が近視手術をしたのは、就職活動も終え、時間を持て余していた大学4年生の10月下旬です。
高校、大学と進む中、以前まで常に1.0以上あった視力が徐々に低下してきていることを健康診断時に気づかされました。

一時期はコンタクト装用も考えましたが、「コンタクトが合わなくて痛い」「コンタクトしていると眼が乾く」など私の周りでコンタクトをしている友人たちが口癖のようにいっていたのをよく耳にしていたため、自然とコンタクトには魅力を感じませんでした。そのため常に教授に近い、一番前の席に座らなければ黒板が見えないというところまでに視力が下がってしまいました。そんな時に近視手術の存在を知り、参宮橋アイクリニックに資料請求をして目を通してみました。正直本当に視力が回復するのかなどの不安が先立ち、懸念していましたが、初診検査に行って、病院の雰囲気、先生の話を聞いてから決めようと思い、足を運びました。初診検査では、先生に不安なことや手術方法など詳しく質問したところ丁寧に答えて下さり、奥山先生にお願いしたいと思い近視手術を決心しました。

手術をしてからすぐ私は、卒業旅行を控えていました。学生最後の旅行を楽しむためには、綺麗な景色を裸眼で見て楽しみたいと思ったこともあって卒業旅行前に手術をしました。

実際、旅行中は、何度も自分の眼に助けられました。遠くの景色が見渡せるほど視界が広がったので、この時初めて自分の視力が回復したということを実感した瞬間でした。また、旅行後の学生生活ではもっと変化が起こりました。今まで、遠くから友人が手をふっても友人の顔が識別できなかったり、通り過ぎたりすることが多々ありました。けれども手術前ではぼやけていた位置からも友人を自分から探しだすことができるようになり、また黒板が一番後ろの席からも見えるようになりました。

今も仕事をする中で、無意識ですが視力が回復したことで多くの面で助けられています。
みなさんもきっと手術をして後悔しないと思いますのでお勧めします。

Page 1 of 212

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック