第28回 ヨーロッパ白内障・屈折手術学会(ESCRS)参加:お知らせ

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

2010年9月10日

第28回 ヨーロッパ白内障・屈折手術学会(ESCRS)参加

カテゴリー: お知らせ, 学会 — admin

「第28回ヨーロッパ白内障・屈折手術学会」

2010年9月4日~8日の第28回欧州白内障及び屈折手術学会に参加してきました。

「PRK25周年、LASIK20周年」を記念した各種の講演が行われました。「フィヨドロフ博士記念講演」も併せて行われました。今日のレーザー近視手術の普及を、盛大にお祝いしました。

参宮橋アイクリニックとしてのe-ポスター発表は、「ブロード(太い)ビームを使用したT-PRKでマルチ屈折矯正面を創出」という演題でした。

屈折矯正手術を私自身が受けて、27年が経過し、マルチビジョンのお陰で遠見、近見伴に普段の生活に便利をしているので、屈折矯正手術は20年後を見すえて実施しましょうという主旨でした。

初期のRKは角膜に対して一定の深度で切開を加えました。角膜の厚さは中央が薄く、周辺にかけて厚くなっているので、将来的に屈折力の変化にグラデーションがもたらされてマルチフォーカルな屈折面が創出されたのです。

一方、後期のRKは切開深度を角膜の厚さに適合させツーからスリーステップにした為グラデーションが失われ、通常のコンタクトレンズやレーシック後の矯正面の様にモノフォーカルとなっていたのです。

モノフォーカル場合40歳過ぎの患者さんや、強度近視を矯正した後の場合、遠方視力が優先される矯正面が創出されるので調節力の負担が大きく、眼が疲れやすい、眼が乾きやすい、頭痛がする等々のいわゆる不定愁訴が出現する場合があります。

近い将来角膜屈折手術は全てマルチフォーカルな屈折矯正面を創出するようになるでしょう。

ただしレーシックというフラップを作ってレーザーを当てる方法においては、矯正面を形成するノリシロがフラップにより薄くなり、マルチ面が作りにくいのでレーシックフラップレスに回帰する可能性が大きくなります。

フラップを作ることによる合併症のリスクは小さいとはいえ、合併症が起きてしまった患者さんにとっては重大な問題なのです。

合併症のリスクだけでなく、フラップレスなら再手術を行ないやすいという利点もあるのです。

■屈折矯正面は多焦点性が望ましいのです。
多焦点性は、角膜表面の3D立体蒸散により得られます。

OS図は、中央の○である瞳孔を中心に青、黄緑、黄色の屈折力の弱い順に,遠く、中
間、近くが見やすくなっています。
調節の負荷が軽く、老眼を迎える40歳前後の方に向いています。
一方、単焦点性は、スキャンビームにより削る事でもたらされる、屈折矯正面です。
単焦点性は、OD図の様に全体に屈折力の弱い青一色で表現され遠見を確保します
が、中間距離や近見は、調節が働き、その負担が大きくなります。

2010年8月16日

屈折矯正手術のガイドライン、第6次答申について(日本眼科学会)

カテゴリー: お知らせ, 学会 — admin

2010年8月16日
屈折矯正手術のガイドライン、第6次答申について(日本眼科学会)

眼鏡をかけ、カメラを手にしたはずの日本人にとって、
放射状角膜切開手術に始まった屈折矯正近視手術の進歩は、まさに日進月歩の感がある。

わが国が西洋から新技術を取り入れる,新取の機運が高いのは明治維新以来である。

今回(平成22年2月)屈折矯正手術のガイドラインの第6次答申が行われ、有水晶体眼内レンズ手術が、屈折矯正手術として追加された。

有水晶体眼内レンズ手術は、1995年にロシアのフィヨドロフ博士が考案し、米国のスター社がレンズの製造・販売を開始した経緯があった。

強度近視の角膜屈折手術に伴う,高次不正乱視成分対策や角膜厚が薄い症例に有効で、矯正精度が高い。わが国で多くの白内障手術を手がける眼科手術医にとって、活躍が期待される新しい分野が開かれた。

しかしながら、近視手術を受ける患者の側に立つと、レーシック後の角膜拡張症に次ぐ、術後感染性眼内炎と言う、角膜移植を受けても視力が戻らない、真の失明に通じる可能性が開けた事になる。術後感染性眼内炎は、非常に稀ではあるが、白内障手術の無水晶体眼内レンズ手術の際に起きている。白内障の状態から患者を救うためやむない手段と考えられてきた。

今回の答申もそれらの点を意識し、留意した個所が見受けられる様に思う。意識した個所としては、術前スクリーニングにおいて、手術適応の可否について慎重を期すとした上で、「術者に求められる高度バリアプレコーションズの遵守」とある。

屈折異常を除けば、強度近視とはいえど健常眼を、術後感染性眼内炎で失ってもよいのであろうか。日本眼科学会会員として、同時に近視手術を先駆けて受けた医師として、答申に至る過程の議論に大きな関心があり、おそらく大勢の会員の先生方も、機会があったら知りたいはずである。

一方、慎重を期したと考え得る個所として、「内眼手術であるので、両眼同時ではなく、片眼ずつの施術を原則とする。手術の間隔としては、少なくとも3日以上を開ける事が望ましい。」とある。しかしながら、近視手術としての有水晶体眼内レンズ手術で術後感染性眼内炎による失明例が1名でも発生したら、失明した患者のダメージは計り知れず、しかも近視手術で失明!の大見出しが、マスコミにより取り上げられ、近視手術に与える悪影響は甚大である。

2009年11月の銀座レーシック事件は、記憶に新しいが、事件の本質は、使い捨て部品である刃の使い回しであったにもかかわらず、レーシック手術が危ないかの如く喧伝され、年間40~50万人もの人々が受けていた近視手術自体が、マスコミによる「消火活動」を受けてしまった。

火種を見極めない放水で、近視手術は水浸し状態になった。此の上、近視手術で失明!の大見出しとなれば、近視手術自体の普及に更に大きなブレーキがかかる。近視手術を推進する者にとっては、運を天に任す状況に追い込まれた感がある。

2010年8月2日

PRK500眼 VS LASIK300眼の10年経過の安全性と有効性についての報告

カテゴリー: お知らせ, 学会 — admin

2007年2月「PRK、LASIKの10年目(800例)」
(眼科手術ニュース 2007年2月第7巻第2号より)

2007年1月、次の様な論文が紹介された。
70000人の世界中の眼科医に眼科学の最近のニュースを届けている「Ocular Surgery News」2007年2月号である。日本語版の編集責任者は、私の尊敬する三宅謙作、ビッセン宮島弘子両先生である。
欧州、アジア太平洋版のスポットライト引用英文記事なので、稚拙な意訳文ではあるが、紹介させていただく。
これから手術を受ける患者様方に、手術方法を選択していただく時の参考として、又、情報公開の一環としてアリオ先生をはじめとして関係各位に引用のお許しを乞う次第である。

PRK、LASIK共に10年間多数の症例で安定した結果が得られた。先のロンドンの学会で、スペインのジョージ・アリオ医学博士によれば、スペイン政府が後援してPRK500眼、LASIK300眼を軽度(-6D以下)、中等度(-6~-10D)、強度(-10D以上)において10年間に渡って経過観察した症例報告があった。
両者の術後の合併症としては、PRKではヘイズ(角膜上皮下混濁)と近視の戻りが、LASIKでは角膜拡張症、ドライアイ、そしてフラップの不具合が知られている。
アリオ博士の報告でも、上皮の再生に関する不具合がPRKで16眼、LASIKで19眼に認められた。
LASIKグループ中に3眼の角膜拡張症が合併症として認められたが、アリオ博士によれば、現時点では予測可能で回避できるケースに当たるとの事である。

※表1はLASIKとPRKの比較です。詳細は下記を参照してください。


表1


表2


表3

上記3枚の表で興味深い点は、PRKはカメの如くゆっくりではあるが安全に、LASIKはウサギの様に素早いが、稀ではあるが角膜移植といった重篤な合併症の可能性がありゴールに到達できないという自論が見事に証明されているように思う。アリオ博士のLASIK300眼に3例の角膜拡張症は、頻度として多すぎるが、他のデーターでは2500例に1例と言われる。情報公開が急務である。次に、表1では、PRK、LASIK共に10年を経時的に追跡すると、やや近視化しているものの安定している。近視化は表2の裸眼視力に反映され、30歳で近視を治し、10年経って老眼年齢を迎える方にとっては、近視化は合目的で理にかなっているのではないか。術後の視力の立ち上がりは、フタを作るLASIKの方が早い。一方、フタを作らないPRKは、角膜の厚さが一定以上あれば、何度でも繰り返して手術ができると言う利点がある。
表3でも同様にPRKの視力の立ち上がりが遅い。
術後3ヶ月で谷底を持ち、1年で低下した最良矯正視力が回復する。当院でもヘイズ合併により、一時的な視力低下例がある。
最新のレーシック フラップレスでは、この様な傾向が認められない。何故なら、角膜再生の状態を管理するからである。角膜を削るPRKの作業は、レーザーエネルギーを正確な照射が可能であるが、角膜再生に個体差がある。
例えば、盲腸の手術後の傷跡は千差万別である。角膜を的確にレーザーで蒸発させ、扁平化させても、再生が過剰に起きれば、角膜が丸みを帯びて、近視の戻りとなる。再生過程で上皮細胞の重なりの順列が乱れれば、ヘイズ(角膜上皮下混濁)がおきる。そこで、上皮細胞の再生具合を管理し、照射後の微調整をする。
いずれにせよ、PRKかLASIKを選択するのは患者様自身である。従って選択の判断をするための情報公開は、正確でなければならない。

2010年8月1日

(Ocular Surgery NewsEurope/Asia-Pacific Edition February 2007)

カテゴリー: お知らせ, 学会 — admin

OCULAR SURGERY NEWS EUROPE/ASIA-PACIFIC EDITION February 2007
英文省略紹介
PRK, LASIK found stable at 10 years in large series

Efficacy, safety and predictability were maintained throughout the study in eyes with low, intermediate and high myopia.

Jorge L. AliBy  Jared Schultz
Dr. Alio’s study, funded by the Spanish government, included 500 eyes treated with PRK for a mean spherical equivalent of -6.5 D and 300 eyes treated with LASIK for a mean spherical equivalent of -11.8 D. All procedures were performed with the Visx Twenty/Twenty excimer laser, manufactured by Visx before that company’s acquisition by Advanced Medical Optics.

No re-treatments were performed beyond 6 months postoperatively, and the patients were followed up at 3 months and 1, 2, 5 and 10 years, he said.

Overall results showed that after 10 years, PRK had a safety index of 1 and an efficacy index of 1.7. LASIK had a safety index of 1.17 and an efficacy index of 0.83, he said.

Three cases of corneal ectasia were seen in the LASIK group, but Dr. Alio explained that these occurred before current standards and indications for LASIK had been developed.

“Ectasia was not detected in any case or as a trend,”he said.

2010年2月2日

第14回 冬季ヨーロッパ白内障・屈折手術学会(ESCRS)参加

カテゴリー: お知らせ, 学会 — admin

第14回 冬季ヨーロッパ白内障・屈折手術学会(ESCRS)の為、ハンガリーの首都ブダペストに、2月12~14日訪れました。

参加するだけでなく、「ブロードビームレーザーを使用したスーパーPRK」についての報告をして参りました。

当地は、13年前、イントラレーシック発生の地であり、その開発発展に協力を要請された故S.フィヨドロフ博士と前後して訪れました。

開発した仲間のドクターイワンとの久しぶりの再会を満喫しました。

2010年2月1日

暮らしの手帳 44(2010年2-3月号) 健康交差点に掲載されました

カテゴリー: お知らせ, メディア紹介 — admin

暮らしの手帳 44(2010年2-3月号)におけるコーナー健康交差点に@おいて

「レーシック手術は安全なのか。知っておきたいことがたくさんあります。」
と題して掲載されました。

http://www.kurashi-no-techo.co.jp/index.php/honshi/c4_44.html

2009年9月1日

万国科学者図鑑 で取材を受けました。149p

カテゴリー: お知らせ, メディア紹介 — admin

万国科学者図鑑 で取材を受けました。

149pに掲載されています。

2009年7月2日

「夫の前で「すっぴんメガネ」を卒業する方法」にて取材を受けました。AllAbout

カテゴリー: お知らせ, メディア紹介 — admin

「夫の前で「すっぴんメガネ」を卒業する方法」と題してAllAbout Jpanから取材を受けました。

掲載記事 ⇒ http://allabout.co.jp/contents/sp_newlife_c/shinkon/CU20090416A/index4/

2009年5月3日

2002~2009年度分

カテゴリー: メディア紹介 — admin
日付 雑誌・新聞名 会社 ページ 執筆 内容
2009. 2.25~28 レーシックで感染症 毎日/読売/産経新聞
TVⅠⅣⅥⅧⅩⅩⅡ
レーシック手術で感染症?67人
2009. 1 飛蚊症とレーシック 日本経済新聞(朝刊)    1 「レーシック手術の普及で…」
2008. 8 週刊新潮    2 大手クリニックの詐欺的商法
2006. 7 夏の健康 社会保険出版社 10 参宮橋・奥山 気になる症状のQ&A
これって病気?
目がごろごろする。
2006. 6 暮らしと健康 参宮橋・奥山 子どもの病気の悩み
軸性近視
2004.10.11 毎日新聞 28 視界開け「バラ色人生」
2004. 2 健康教室 東山書房 17 当院 近視矯正手術について
2003.4.7 テレビ
「ベストタイム」
TBS 11:50~ 当院 ドライアイとマウンテンエアー
2003.9.19 毎日新聞 朝刊 4人に3人がドライアイ
2002. 5.18 朝日新聞 25 深作眼科 眼科手術は診療所が優位に
2002. 4. 1 アルカス 日本エアシステム 52 当院 30秒で目が良くなる
2002. 3 月刊エアステージ 124 参宮橋・奥山 レーザーによる近視矯正手術

2009年2月27日

レーシックで感染症

カテゴリー: メディア紹介 — admin

毎日新聞(2009.2.26)

(2009年2月27日 読売新聞)

○○眼科、滅菌装置1度も点検せず

保健所調べ 手術着使い回しも

東京都中央区の診療所「○○眼科」でレーシック手術を受けた67人が感染性角膜炎などを発症した問題で、○○院長が2006年の開院以来、手術器具の滅菌装置を一度も点検していなかったことが、中央区保健所の調べでわかった。

使い捨てにすべき患者用手術着の使い回しも判明し、区保健所は衛生管理がかなりずさんだったとみて、67人以外にも発症者がいないかどうか確認を指示した。

今回の集団感染は、角膜の表面を薄く切る道具の先端を高温で滅菌する装置の故障が一因である可能性が高いとされ、メーカーの調査で滅菌温度が十分に上がらない不具合が確認されたという。ところが、○○院長は区保健所の調査に対し、「点検を行ったことがなく、正常に作動していると思った」と話したという。取り扱い説明書も院内に保管しておらず、区保健所は○○院長が滅菌装置が適正に動いているか確認する方法さえ知らなかったと見ている。

さらに、○○院長は、手袋を着用せずに手術したことがあるほか、手洗い用の消毒液についても「薄めて使っていた」などと説明。手術室の清掃は○○院長が不定期に行っていたという。

TVⅣⅥⅧⅩ(2009/2/26)

Page 5 of 1112345678910...最後 »

ページの先頭へ

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

奥ノ山医院
国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック