Lasik Flapless creates a multifocal refractive surface:お知らせ

国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック
(旧 参宮橋アイクリニック)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ご予約受付時間:月~土 9:30~11:30 / 13:30~17:30
*電話にて予約の上、来院ください
English アクセス 無料カウンセリング

2011年10月22日

Lasik Flapless creates a multifocal refractive surface

カテゴリー: English — 奥ノ山医院

Purpose:

To report a case of spectacle-free reading in presbyopic patient post Broad Beam laser operation.
(Superficial PRK).

Methods:

A 46 year old man, who had his left eye operated on using superficial PRK 5 years ago, in 2005.

His right eye has not been operated on and he has continued to use the same power contact lens.
Use of the Profile 500 created by the Fyodrov Institute for the superficial PRK. Keratotopography TMS-ⅡN and other routine exams pre and post refractive surgery.

Picture A: Broad Beam laser (superficial PRK)

Results:

Pre operative data for the left eye SE -6.00D / BCVA 1.2 / UCVA 0.03 in distance.

  • Post operative data at 5 years, for the left eye: SE -0.5D / BCVA 1.2 / UCVA 0.9 in distance. Near vision 0.5 at 40 cm.
  • The un-operated right eye using a contact lens -5.00D / BCVA 1.2 / UCVA 0.05 in distance. Now, near vision with contact lens is 0.3 and without contact lens 0.7 at 40 cm.
  • The keratotopogram of the left eye shows the three post operative corneal zones:
  • Central zone: mostly blue color indicating a less refractive power zone.
  • Para central zone: light green ring indicating a small refractive power zone.
  • Peripheral zone: yellow to reddish ring indicating a high refractive power zone.

Broad Beam Laser:

Comparative to superficial PRK but a non scanning laser.
Plus points:

  • Create a multifocal refractive surface.
  • Less risk of infection.
  • Less risk of irregular astigmatism.
  • Less risk of keratectasia.

Picture B: Keratotopogram of the patient left eye

Conclusions:

Post operated left eye using superficial PRK was successful with both near and far vision.

This finding leads me to hypothesize that I have created an aspheric refractive multifocal corneal surface similar to a multifocal refractive IOL.

Points to consider:

1.Broad Beam Laser using one very powerful , solid multi intensity laser which creates a kind of photochemical vaporization.
2.Multifocal abrasion via smooth laser energy distribution to create a multifocal refractive surface.
3.Transepitherial superficial PRK is a One Step operation combining both the epitherial and stromal mode.
4.Flapless operation gives me the ability to use the greater (diameter and depth) refractive corneal surface to maximize the patients potential multifocal refractive surface.

    Picture C: Laser energy distribution of the Broad Beam laser(Superficial PRK)

    Picture D: Post Broad Beam laser under an electron microscope

    The Sangubashi Eye Clinic.

    カテゴリー: English — 奥ノ山医院

    In technical collaboration with the Fyodorov Eye Microsurgery Institute, Moscow,

    The Sangubashi Eye Clinic, Shimouma Setagayaku,Tokyo, has developed Flapless Lasik ( corneal abrasion is made by a broad beam laser, and does not use any knife or surgical instrument ) myopic refractive surgery using only an excimer laser.

    The Fyodorov Institute has conducted more than 100,000 cases of PRK treatment since 1987.

    In brief, Flapless Lasik is myopic refractive surgery, by flattening the convex curve at the center of the cornea through abrasion of an optical zone of about 6.7 mm in diameter with a volume three dimensional excimer laser.

    Due to using Flapless Lasik, we reached a high accuracy rate in refractive effect of more than 93% and get as close as possible to 100% using regenerative tissue control during post operative care.

    It is highly safe and effective.

    Depending on the degree of myopia and corneal thickness, the depth and the area of abrasion vary for different patients.

    In cases of extreme myopia and very thin cornea, Flapless Lasik re-operation may be called for.

    • The Process of Lasik Flapless(Movie)

    • The Process of Lasik(Movie)

    Map & Price list

    カテゴリー: English — 奥ノ山医院

    Please contact:

    The Sangubashi Eye Clinic

    2-21-26 Shimouma Setagaya-ku, Tokyo 154-0002
    Refractive Surgery Institute
    Tel.: (03) 3411-0005 Fax.: (03) 5486-0120
    Email:kodo@e-intralasik.com

    Price list of Flapless Lasik

    Degree of myopia Degree Price
    Mild myopia -0.5D ~ -3.0D 20MAN YEN+Tax【Both Eye】
    Middle myopia -3.0D ~ -5.0D 30MAN YEN+Tax【BE】
    High myopia -5.1D ~ -8.0D 40MAN YEN+Tax【BE】
    Severe myopia 【Level 1】 -8.1D ~ -9.0D 50MAN YEN+Tax【BE】
    Severe myopia 【Level 2】 -9.1D ~ -10.0D 80MAN YEN+Tax【BE】
    Severe myopia 【Level 3】 -10.1D over 100MAN YEN+Tax【BE】

    Dr.Kodo Okuyama

    カテゴリー: English — 奥ノ山医院

    Dr.Kodo Okuyama

    okuyama

    1974 Graduated from the Second Moscow Institute (Moscow University of Medcine).
    Received a Russian Medical licence.
    1975 Received a Japanese Medical licence.
    1976-1983
    Worked at Fujimi Hospital and Tokai University of Medicine.
    1983 Received Refractive eye surgery (RK) from Prof.Fyodrov Moscow.
    1983 Opened Sangubashi Eye Clinic (The first clinic in Japan which specialized in Refractive eye surgery).
    1989 First farsightedness operation in Japan at our clinic.
    1992 PRK (Photo Refractive Keratoplasty) at our clinic
    1995 Received a PHD in Refractive Eye surgery.
    1996 Received a specialist licence in Ophthalmology (Russia).

    Carier highlights: Guest Prof. at Kazakh Medical University.
    Ex W.H.O research center fellow.
    Editor of Eye Surgery Journal.

    Dr.K.Okuyama and his Clinic.
    Sangubashi Eye Clinic are now using the forth generation operation Developed by Dr.K.Okuyama.
    The generations are as fellows;
    1. RK 1984-1991
    2. PRK (Super-PRK) 1992-2004
    3. Flapless Lasik(Superficial-PRK+MMC) 2005-
    Generation 4 was developed by Dr.K.Okuyama and takes the operation to the next level in tissue care.

    Clinical history

    カテゴリー: English — 奥ノ山医院

    The Sangubashi Eye Clinic was founded as the first refractive eye surgery clinic in Japan in 1983.

    Refractive corneal surgery corrects nearsightedness, farsightedness, astigmatism and helps presbiopia, so called refractive errors by changing of corneal curvature using RK, PRK, Lasik,
    Intralasik or Flapless Lasik  operations.

    As a clinic specialising in refractive eye surgery.
    we pay attention to the following:

    1) Testing on myself, members of my family and staff. Checking to make sure it’s safe and effective.

    2) Visual Acuity: using cutting edge technology to give patients the best results possible.

    3) Quality of vision: to enhance everyday activities, jobs, sports etc.

    In 2011 our Clinic celebrated it’s 28th anniversary, until now more than 20,000 eyes have been operated on and not one eye lost.

    More than 200 Japanese eye doctors have attended our clinical conferences.
    Refractive corneal operations have become more popular and accepted as a common part of modern medicine.

    2011年10月15日

    第29回 ヨーロッパ白内障・屈折手術学会(ESCRS)参加報告

    カテゴリー: お知らせ, 学会 — 奥ノ山医院

    2011年9月17日~21日の第28回欧州白内障及び屈折手術学会に参加してきました。

    メインテーマの一つに、クロスリンキング、英語表示でCXLが、注目を浴びました。

    米国FDAが、9月に認可したとのホットニュースが、私の会場での質問を通じ明らかにされました。日頃から危惧していたレーシック後の角膜拡張症の対策として朗報です。レーシックの増加と共に、角膜拡張症増加の間接的な証でしょうか。

    わが国からは、京都府立医科大学の木下博士による角膜内皮細胞移植法が、大きな反響を呼びました。提供眼から培養・増殖した内皮細胞を、博士等が開発した特殊な溶液と共に前房に注入し移植を成功させる方法です。培養・増殖した内皮細胞がシート状になったものを張り付けるのが、従来の方法なのですが、上手く張り付けるのが困難であったそうです。木下教授のたゆまない努力に、頭が下がるばかりです。

    参宮橋アイクリニックとしてe-ポスター発表は、「ケラトミリョ―ジスとブロード(太い)ビームを使用したT-PRKのコンビネーション手術」という演題でした。

    ケラトミリョ―ジスという屈折矯正手術を受けた、フィヨドロフ研究所の同僚が、20年が経過し、近視化しているので、更にT-PRKという屈折矯正手術を実施した症例報告でした。

    ケラトミリョ―ジスは、初期の屈折矯正手術で角膜に対して一定の深度で切削を加え層状に除去して、角膜の屈折力を弱める方法でした。角膜の厚さが薄くなるので、20年経過した追加手術としては、角膜にフタを作らずに、角膜上皮から蒸散(蒸発)により、さらに屈折力を弱める方法を実施しました。

    フタを作ることによる角膜拡張症のリスクは小さいとはいえ、薄い角膜の患者さんにとっては重大な問題です。両眼に実施しましたが、右眼のエンハンスメント効果が少なく、コンフォカル生体顕微鏡検査で強い線維芽細胞の存在を指摘しました。対策として、代謝拮抗剤の使用検討について触れました。

    2011年9月29日

    お知らせ

    カテゴリー: 未分類 — 奥ノ山医院

    2011年9月9日

    奥ノ山医院のホームページがリニューアルいたしました

    カテゴリー: お知らせ — admin

    奥ノ山医院のホームページがリニューアルいたしました。

    診療に関するお知らせ、学会での発表、などをお知らせしてきます。

    どうぞよろしくお願い致します。

    2011年5月3日

    メディア紹介

    カテゴリー: メディア紹介 — admin

    メディア紹介

    講演・学会・論文発表 履歴

    カテゴリー: 学会 — admin

    2010

    9/10
    第28回 ヨーロッパ白内障・屈折手術学会
    8/16
    屈折矯正手術のガイドライン、第6次答申について
    2/12
    第14回 冬季ヨーロッパ白内障・屈折手術学会(ESCRS)

    2006

    6/23
    第8回ISAM(環境適応医学国際学会)

    2005

    6/1~4
    第8回ロシア眼科学会 モスクワ PRK

    2004

    02/
    近視矯正手術について

    2003

    12/11~15
    Wave-front and Fourier Analysis of the High Myopia Transepithelial PRK on Profile-500
    08/20
    Induction of the heat shock protein in rat lungs following intermittent hypoxic training

    2002

    01/
    あたらしい眼科 Vol18 メディカル葵出版 角膜屈折手術の歴史を教えてください

    2001

    07/
    Ophthalmosurgery
    英文論文 Specific Features of Clinical Course in Photoastigmatic Refractive Keratectomy with the "Profil-500"at Different Terms Postoperatively
    6/3
    ヨーロッパ眼科学会 トルコ
    イスタンブール SUPERPRKに関する報告
    6/1
    フィヨドロフ博士追悼記念学会 モスクワ
    露 プロファイル500による近視性乱視屈折矯正手術の結果報告
    5/9
    第40回先端医療技術開発研究会 帝京大学 「眼科のレーザー医療」

    2000

    10/28
    2000.10.28 第39回先端医療技術開発研究会 帝京大学 「高齢者の目の病気と視力回復」
    10/20
    ISRS 国際屈折矯正手術学会 ダラス 米 「SUPER PRK」
    09/02
    第6回ISAM(国際適応医学学会) リヨン 仏 「IHTとドライアイについて」
    04/
    Ophthalmosurgery
    英文論文 Photoastigmatic Refractive Keratectomy with the "Profil-500" for correction of Compound Myopic Astigmatism

    1999

    01/29
    第22回日本眼科手術学会総会 東京 フィヨドロフ式PRKの5年経過
    放射状角膜切開術後15年の経過

    1998

    10/
    日本外科系連合学会誌 エキシマレーザーによる角膜屈折矯正手術

    1997

    12/
    照明学会 高齢者の視覚特性と照明
    11/
    日本レーザー学会 エキシマレーザーの蒸散作用による近視手術
    09/
    1997. 9 先端医療技術開発研究発表会 ガウス曲線分布立体照射方式エキシマレーザーによる角膜

    1996

    12/
    英文論文 Refractive Eye surgery takes a batting
    11/
    日本レーザー外科学会 神戸 エキシマレーザーの蒸散作用による近視手術
    9/6
    第4回日露医学シンポジウム イルクーツク 露 日本の屈折矯正手術の現状
    9/6
    第4回日露医学シンポジウム イルクーツク 熱形成遠視矯正手術
    01/26
    第19回日本眼科手術学会総会 岐阜 熱形成遠視矯正手術後6年目の症例

    1995

    03/25
    1995. 3.25 第1回聖母眼科レフラクティブセミナー 香川 これからRK手術を始められる先生方へ
    01/27
    第18回日本眼科手術学会総会 京都 放射状角膜切開後のエキシマ手術

    1994

    06/17
    第9回日本眼内レンズ屈折手術学会 府中 RK後11年目の角膜内皮
    PRK213例の検討

    1993

    02/06
    1993. 2. 6 第16回日本眼科手術学会総会 RK後10年を経た角膜内皮細胞の状態

    1990

    05/25
    フィヨドロフ博士講演会 新潟 日本における近視矯正手術の現状
    03/18
    ICO第26回シンガポール国際眼科学会 シンガポール RK後7年の角膜内皮細胞
    Page 4 of 1112345678910...最後 »

    ページの先頭へ

    〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-21-26
    東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口出口 徒歩約7分)
    東急世田谷線 三軒茶屋駅(徒歩約9分)

    奥ノ山医院
    国内初の近視手術専門医院・切らないレーシック